top of page

人と木が共に繋ぐご縁

今回、木をお迎えに行った

往復の移動距離は900㎞


その木の名前はスズランノキ

双幹で樹高は4.2m

樹形も高さもイメージ通りです。


この木は世界三大広葉樹の一つにも

なっていて、花も、紅葉もとても

美しい木です。





人間の個性のように

木にもそれぞれの個性があります。


適材適所で個性が最大限に発揮できる

場所を、「注意深く定める」ことが

人が木に介する時に必要な意識となります。


自ら移動のできない草木にとって

その重要性は

おわかりいただけると思います。



精霊の森に到着した

アオハダとスズランノキ


今回お迎えしたこのスズランノキ

との出会いに至るまでには

時間がかかりましたが

結果的にそれが絶妙なタイミングと

なったように思います。


それは良い環境の中で育ち ・・・

想いある人に育てられた

この木との出会いにあります。


人と木が共に繋ぐ「ご縁」


いつも、何時も「ご縁に感謝」です。



人・家・庭・草木との調和の

とれた住環境が、住む人にとっても

バランスを整える環境となります。


精霊の森とガーデンではそうした

目的のために、一本一本の木を大切に

育てています。




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

鳥の巣箱

Comments


bottom of page