top of page

引き継がれる思い


「フェルト工房チェビオットSayos felt」のSayoboさんの工房へと

二枚の板をお届けにお伺いしました。


その一枚は約35年前に引退された表具師さんから譲り受け大切に

使用していた作業台です。


若かりし頃の私は、この作業台と多くの時間を共にしてきた相棒のような存在です。


もう一枚は 地元鶴岡市より切り出された樹齢100年を超える大きなもみの木です


この大きなもみの木は、若かりし頃に自ら磨き仕上げた

3mを超える巨大テーブルです。

お届けといっても六人がかりでの定位置まで移動になりました。


依頼者と造り手のこだわりと思いが伝わってくるこの工房で

第二の人生、第三の人生が与えられた二枚の板は

嬉しそうで、誇らしくも見え・・・

よかった・・・良かった・・・うれしい・・・嬉しい一日でした。




この作品は

「フェルト工房チェビオットSayos felt」のSayoboさんに依頼して

製作していただいた作品です。


桜ヶ丘の玄関ホールに展示しております。

依頼しましたテーマは、ガーデン・精霊・ 妖精・ありし日のリクガメのヒメとカメチ

そして現在共に暮らすアルク・森の小人をイメージしていただきました。

作品のタイトル名は「僕はね・・・・・」


桜ヶ丘にお越しの際はぜひ御覧ください。










閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page