西洋菩提樹 復活の兆し


精霊の森ガーデンのシンボルツリーとして今春植えられた西洋菩提樹、

植えて間もなく新芽が落ちて、長くそのままの状態になっていました。


根は生きていると感じながら・・・時々気を送ってみたり・・・


本日ようやく復活の兆しの新芽を発見しました(長かった・・・)


西洋菩提樹はドイツ語ではリンデンと呼ばれ、

リンデンフラワー・リンデンウッドと、(葉、花、木)がハーブとして

活用されています。


これからに復活劇と成長が楽しみです。







23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

経験と実績から生み出されるデザインとは・・・

9月のスタートは気温も下がり一気に秋めいた天気になりました。 暑さの一段落するのこの時期は、工事のご相談で ご来店されるお客様も多くなる時期でもあります。 プランを考えデザインする時間も、それをかたちにすることも 私にとってはワクワクする充実した時間です。 この感覚は、ムラオカが起業から今日まで培ってきた多くの経験と 私自身の人生経験とが、バランスをとりながら、それぞれのご家族に とって最善と思わ