西洋菩提樹 復活の兆し


精霊の森ガーデンのシンボルツリーとして今春植えられた西洋菩提樹、

植えて間もなく新芽が落ちて、長くそのままの状態になっていました。


根は生きていると感じながら・・・時々気を送ってみたり・・・


本日ようやく復活の兆しの新芽を発見しました(長かった・・・)


西洋菩提樹はドイツ語ではリンデンと呼ばれ、

リンデンフラワー・リンデンウッドと、(葉、花、木)がハーブとして

活用されています。


これからに復活劇と成長が楽しみです。







11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示